コーティングプロショップ

繁盛している車のコーティング専業店の多くは、ディーラー仕事はせずに、一般ユーザーをターゲットに仕事をしております。何故でしょう? ディーラーとは比較できないほどの技術、品質、知識があるからこそ繁栄しています。
ディーラー仕事をすると、品質や技術といった観点から外れ、生産性やコスト減に意識を向けてしまうからです。ディーラー仕事は板金塗装やカーフィルムなどすべてに当てはまりますが、外注費を抑えるため、年々業販率が高くなっております。
業販とは業者価格の事で一般ユーザーさんに10万円で作業しているものが、5万円などと安くなってしまいます。
もちろんディーラーの営業マンが集客をするわけですから、当たり前ですが、材料費や人工は変わりません。
そのまめに、コスト減や生産性「できるだけ早く」に目を向けてしまうい。施工直後は綺麗でも効果が持続しなかったり、ムラだらけだったりするのです。

しかしながら、そこをこだわってこだわりの職人として作業をしてもディ―ラーさんからしたらいい迷惑です。
早く終わらせて整備をしたり、お客様に渡したいのです。
もちろん専業店でも多く台数をさばき、利益に周知する業者もありますが、そんな業者は存続しません。
一度店舗に伺うとそれが分かります。
こちらの話をきちんと聴いてくれるか、親身に対応してくれるか。そういう業者は評判や実績も多いので。
事前にネットで調べるのも良いかもしれません。

カーコーティング剤を購入してDIYで車をピカピカにするコツ

カーコーティングは下地処理をしてコーティング剤を塗るため、DIYでするとなれば手間や時間がかかります。手順の決め方は人それぞれですが、失敗をしないようにするためには事前に業者に依頼して目で見て研究する方法が望ましいです。車は価格が高く少しでも長く安心して運転できるようにしたいもので、コーティングをするタイミングを正しく決める必要があります。

DIYは自分自身でうまく工夫すると作業を効率化するコツをつかめ、業者に依頼して料金が高くなることや思い通りにならなくてトラブルが起きることを防げて効果的です。カーコーティング剤は含まれる成分を確かめて選び、車体に染み込ませるように下地処理をしてから塗ることが求められます。

カーコーティング剤を購入してDIYで車をピカピカにする方法は経験を通してコツをつかみ、やるべきことを覚えるように意識することです。下地処理は車の構造に合わせて手抜きをしないようにすることが重要で、ケミカルや道具を正しく選ぶ必要があります。
東京都でのカーコーティングなら