カーコーティングのムラを防ぐ2つのポイント

カーコーティング剤を使う時は、なるべくムラができないよう心がけるべきです。一部分にムラができてしまうと、仕上がりも悪くなってしまいますし、肝心のコーティング効果が落ちてしまう可能性があります。
では、どうすればムラができづらくなるかと言うと、主なポイントは2つあるのです。まず1つ目は、ボディを細かいエリアに区分けしていく事です。
例えば片側のドア周辺だけ集中的にコーティングします。ドア周辺が完了するまでは、他のエリアのコーティングはしません。ボンネットやバンパー周辺のコーティングをするにしても、まずはドア周辺を完了します。その方が、塗りムラができづらいからです。全体を一気にコーティングしようとすると、ムラができやすくなってしまいます。
もう1つのポイントは、懐中電灯です。その電灯で細かくコーティング剤を確認してみると、ムラも発見しやすくなります。若干手間はかかりますが、全体の仕上がりに問題無いかどうか、光を当ててみると良いでしょう。

人気のDIYに役立つカーコーティング剤の特徴

カーコーティングは車体をピカピカにして新車と同様の状態になりますが、業者に依頼すると10万円から20万円もかかります。DIYはカーコーティング剤や道具やケミカルなどを購入するための費用だけで済むため、多くても2万円から3万円あればできて便利です。コーティングの作業は車のワックスを剥がして表面にムラなく塗れるよう下地処理が必要で、いい加減にならないように手順を決める必要があります。

カーコーティング剤の種類はポリマー系と樹脂系があり、価格や効果などが違い好みに合わせて決める方法が望ましいです。DIYでコーティングをする時は天気が良い日に一日かけ、効果が長く持続するように考えて作業の手順を決めないといけません。

人気のDIYに役立つカーコーティング剤は価格が安くても持続する時間が長く、新車と同様の状態に仕上がることが特徴です。車体は頻繁に運転すると排気ガスなどで汚れやすく、コーティングをして付着しないようにすると安心して乗れます。

カーコーティング剤の施工のコツと使用する量

DIYカーコーティング剤は、もちろん塗っていく必要があります。ただ塗るにしても、量は上手く調整する方が良いでしょう。むやみにコーティング剤を使わないよう、注意が必要です。
カ-コーティング剤には、使用量の目安があります。例えば車の一部分に対して150ccだけ使うべきカーコーティング剤があるとします。その場合は、車に200ccぐらい使うべきではありません。
慣れていない内は、できるだけ多めに使う方が良いと思い込まれている事も多いです。量が多い方が、コーティングの効果が高められやすいという考え方です。
しかしコーティング剤は、多ければ良い訳ではありません。確かにコーティングの量が多ければ、塗装表面にできる膜は厚くなるでしょう。しかしふき取り作業を忘れてはなりません。
上述のように200ccぐらい使ってしまいますと、ふき取り作業が大変なのです。頑張ってふき取ろうとしても、なかなか取れない事もよくあります。コーティング剤の使用上の注意書きなどをよく読み、適量で使うよう心がけるべきです。
新車のガラスコーティングの詳細はこちら

カーコーティングを成功させるコツと施行時の温度

カーコーティング剤の施工は、野外よりは室内の方が良いと言われる事も多いです。その主な理由は、雨水です。コーティングしている最中に雨水が当たってしまうのは、色々問題があります。鳥のフンが付いてしまうのも心配ですし、基本的には室内での施工がおすすめです。
それ以外にも理由があります。温度の問題があるからです。
季節によっては、温度が非常に低い事もあるでしょう。もちろん冬の時期などは、かなり気温は低くなります。その季節にカーコーティング剤を使用するのは、控える方が良いでしょう。
全体的にカーコーティング剤は、寒さには非常に弱いです。15度以下の環境でコーティングの施行を行いますと、たいてい失敗してしまいます。20度以上が理想なのです。
しかし、それは野外の話です。エアコンを使用できる室内ガレージなどでコーティングすれば、温度は自由に調整する事ができます。エアコンで20度以上にしておけば、コーティングの成功率も高くなるので、室内での施工がおすすめです。
東京都でガラスコーティングの事例満載