窓ガラスコーティング

雨の激しい日に視界の確保が難しく、運転に不安を感じる事は誰もが経験した事があるでしょう。フロントガラスに撥水コーティングずる事で雨の日の視界を確保する事は安全運転にとっては非常に大切で有効な方法と言えるのです。

シリコン系の撥水コーティングをすると、雨の水滴がフロントガラスにあたると水玉となり流れ落ちてくれます。従って一定のスピード以上で走行していると、風圧によって水滴がはじかれ、ワイパーを使用しなくても良好な視界を得られる効果があります。

 

フッ素系窓ガラスコーティング

フッ素系の窓ガラスコーティングは耐久性が向上しますが撥水性能はシリコン系には劣ります。 共に一長一短があるようです。

ガラスコーティングするとフロントガラスの汚れに関しても、車のボディーにワックスをかけた効果と同様に、水をかけて軽く拭く程度で簡単に落とすことが可能で、手入れの手間が少なくなると言うメリットも得られます。 この撥水ガラスコーティングはDIYで手軽に行えるコーティング剤が市販されていますし、プロに依頼すればコーティング前にガラス表面の油分を綺麗に取り除いてコーティング施工してもらえるので、油膜残りによる光の乱反射のない、良好な視界を確保ができる施工が行えます。

フロントガラスに撥水コーティングをする事は、雨の日に視界を確保するために、非常に効果があります。また洗車時にガラスの汚れを落とすにも楽になる効果もあります。
この撥水ガラスコーティングはプロに施工してもらえば、綺麗な仕上がりを得られますが、DIYで手軽に行う方法もあり、色々なコーティング剤が市販されています。
従ってコーティング方法や耐久性や予算等に合わせて、自分に合ったものを購入し施工することが可能です。

主な施工方法とそのコーティング剤には以下の様なものが上げられます。
ウォッシャータンクにコーティング剤を入れておくことにより、ウォッシャー液としてガラスに噴霧しワイパーを作動させてガラスにコーティングを施す方法が最も手軽です。手軽な反面、ワイパー可動範囲のみのコーティングとなり、耐久性も余り良くない欠点もあります。

またワイパーゴムにコーティング剤を染み込ませておくことで、ワイパーを作動させる度にガラスにコーティングを施すワイパーゴムタイプもあります。これもワイパー可動範囲のみの施工となります。

さらに少し手間はかかりますが、塗布タイプコーティング剤もあります。これはコーティング剤を同梱のフェルトで塗り広げるタイプで、フェルトでコーティング剤を塗り広げ、完全に乾く前に固く絞った布で更に拭き広げて仕上げる方法です。撥水効果・持続効果ともに高く、ガラス全体をコーティングすることが可能で人気の高い方法となっています。
予算・手間・特徴を勘案して選択し、DIYで撥水コーティングする事が可能です。