手洗い洗車へのこだわりポイント

洗車のポイント

コーティング施工をご自身でされる方は手洗いで洗車をしている方も多いかと思います。洗車機での自動洗車はボディに小傷を付けてしまうこともあり、折角キレイにしたボディの光沢が失われてしまうのは残念です。

ノーブラシの洗車機は高圧スプレーの水を噴射しますが、固着した汚れや水垢、油分を含む汚れを落とし切るのは難しいと言えます。

まずはホイールから

汚れの激しいときはホイールから行いましょう。ホイールにはブレーキダストや鉄粉が付着しやすいです。鉄粉除去剤など専用の溶剤も多く市販されていますのでホイールにもコーティングをされる方はご使用をオススメします。
※ホイール洗浄の際の拭き上げ等に使用するクロスはボディ用とは分けて使ってほうが鉄粉等の付着を防げます。

泡立ちの良いスポンジ

洗車の際は、泡立ちが良く、塗装面に傷をつけづらいウレタン素材などのスポンジが良いでしょう。汚れを落としながら小傷を増やしてしまっては元も子もありません。その他にもグリップのついたムートンモップもオススメです。

洗車の水は

洗車をご自宅ではなく洗車場で行う方も多いかと思います。その際にどのような水を使われているか調べるのは困難ですが、井戸水などの場合ミネラル量(カルシウムやマグネシウム)を多く含んでいるケースもあります。もちろん家の水道管からも時期によって消毒に使うカルキの量も異なります。

こういったミネラルやカルキが車のボディの上で自然乾燥させるとイオンデポジットと呼ばれる目に見えないクレーターを作ってしまいます。洗車の際の水にまでこだわりを持って行うことは専門店でないと難しいと言えます。ですので、洗車の際は水の自然乾燥をさせないよう日差しが強い晴れの日や暑い日中は避けたほうが好ましいです。

冬場の洗車の際はお湯を使いたくなってしまいますが、自然乾燥をさせないということと塗装を柔らかくするという2つのデメリットがありますのでできるだけ水を使うことをおススします。

吸収力の高いクロス

洗車後の水はできるだけ早く拭きあげましょう。洗車用に開発されたマイクロファイバークロスは高い吸水性をほこるものが多いので一度にたくさんの水を拭き取ることが可能です。ドアの内側に入り込んでしまった水などもキレイに吹き上げることで最終的なコーティングの仕上がりに差が出ます。