こだわりるなら専門店へ

プロショップ

現在では商品の開発も進み、一般の人でも手軽に本格的なコーティングができる時代になりました。ガラスコーティングは硬化することで薄い被膜をボディの上に形成します。専門店が取り扱うコーティング剤は乾くまでが早かったり、明るい光量のもとでキレイに塗り込まないとムラができたりしてしまいます。市販品はそういったデメリットをなくし、簡単に塗れるように液剤も進化しています。

新車時のコーティングって必要なの?

新車購入時などはディーラーでコーティング施工がされていたりもしますが、全てが全て良いとは言いきれません。洗車の状態が不十分ではコーティングの効果も半減してしまいます。ですので、専門店は新車の時こそキレイな状態を維持するためにコーティングの施工をオススメしています。

市販と専門店とどっちが良いの?

市販のコーティング剤は様々あり、効果性能も様々でどれが素晴らしいとは一概には言えません。駐車環境や使用頻度、現在の塗装の状態、車のカラーなどによって適正は変わってきます。

市販のコーティング剤ですと安いガラス系タイプのもので3,000~4,000円程度からあり、瓶に詰められた本格ガラスコーティング剤ですと7,000~8,000円程度で購入できます。逆に専門店にお願いするとなると安いコーティングでも20,000円程度はしてしまいますし、大きい車に最高級のコーティングをお願いすれば、500,000円を簡単に越えてしまいます。

ますは相談してみても

それでも始めは専門店に相談することが最適ではないでしょうか。毎日車を見ているプロですから塗装皮膜の状態や車の年数・カラーなどから最適なアドバイスを貰えるはずです。そこでお願いするかしないかは別として、質問事項を用意しておくことで最善の方法が見つかるかと思います。

アフターケアの充実

専門店なら安いコーティングでも1年間は保証されるケースが多いです。もし、コーティング効果が悪くなってきたと感じたら相談できるもメリットと言えます。市販ですと耐久年数を長く謳っていてもすぐに効果が半減してしまうケースも少なくありませんし、対応も電話のみで決して良いとは言えません。アフターケアの面から行ったら断然、専門店での施工が良いと言えるでしょう。

満足感を得るなら

安価で施工可能な市販品なら自分でコーティングをする楽しみをより実感できるかと思います。撥水コーティングならシャワーで水を欠けてボディの上を水玉が転がることで高い満足感を得られます。また、他の市販コーティング剤も試せますのでコーティングの知識もより深まっていくことでしょう。

得られる満足感はご自身の手で行うことが望ましいですが、コーティング前のボディの下地処理からこだわりだすと様々な洗剤・洗車用品・洗車機器が欲しくなって結果高くついてしまったということも考えられますので注意が必要です。