スポーツカーはプロテクションフィルムが必須

ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンは新車のうちにやっておきたいことは、ボディコーティングや塗装用保護フィルムです。

ボディコーティングは塗装面の保護を目的に犠牲被膜を形成するものですが、塗装用保護フィルムは塗装面を特殊フィルムで覆い、変色や黄ばみ、劣化、小キズや飛び石を防ぐためのものです。
一般的にはプロテクションフィルムと言われております。
プロテクションフィルムを施工することによって、塗装面の保護と同時に傷や飛び石からも防いでくれるため、新車時に施工させる方が多いです。

元々はアメリカで開発された特殊フィルムですが、現在では日本のメーカーも製造している商品です。

現在ではカーフィルムのメーカー各社からもプロテクションフィルムが発表されてきています。IKC,3Mフィルムなどその他も多くのメーカーが発売を開始しています。
選ぶ際にはしっかりとした実績を多数持つプロテクションを選択したほうが良いです。
プロテクションフィルムの施工代金はとても高額になりますが、高額になってしまう理由にフィルムの価格がとても高額となっていることです。後発組のフィルムメーカー各社ともプロテクションフィルムの価格は下げてはおらず施工価格自体が安くなる様子はありません。

現在最も性能が良いとされるプロテクションフィルムはアメリカ社のXPELフィルムです。
黄ばみや変色が少ない、高機能特殊フィルムです。
万が一変色しても貼り直すことができるので、塗装面に安心な商品です。

万が一の飛び石は塗装も凹みますが、気持ちも凹みますね!
塗装をして直すと場所によっては、下取り価格が下がってしまうこともあります。
下手に塗装をしてしまうと事故車扱いとなりますので、気を付けてください。